協和光学の開発ポリシー

  • Top
  • 協和光学の開発ポリシー

【これまでの開発】

規格品を「デモ機」としてお貸出しし、お客様独自で開発・調整を行う。
OKであれば、規格品をご注文いただく
【結果】
お客様の負担増
光学ユニットについては競争力不足
競争力DOWN

【求められるこれからの開発】

お客様の製品企画段階から参画。
光学関連に関してはアドバイス。
仕様が固まれば、試作品を作成。
ご確認後、OKならば量産体制をとり、商品
【結果】
お客様の負担減
商品コンセプトにあった独自の光学ユニットを搭載することで商品力のアップが見込まれる
競争力UP

【開発ポリシー】

【人的フォロー】弊社のスタッフも開発に参画します。 【光学部品の開発協議】【知識と経験】  【製造ライン】 ・国内工場 ・タイの生産工場  【お客様の開発ニーズ】 最高の製品が完成 【人的フォロー】弊社のスタッフも開発に参画します。 【光学部品の開発協議】【知識と経験】  【製造ライン】 ・国内工場 ・タイの生産工場  【お客様の開発ニーズ】 最高の製品が完成

【お客様と協和光学のWIN&WINの関係構築】

協和光学の商品を末永くご利用いただくために、お客様の商品が末永く販売される必要があります。そのために商品に独自性や競争力を持っていただくためにこれまでの知識と経験を惜しみなくご提供します。是非ご相談ください。

協和光学のカスタマイズ光学系

装置組込用顕微鏡
各種、装置に合わせた形状・デザインで、お客様専用の光学系ユニットを製作します!

例1多重カメラ光学系
多重カメラ光学系
側面の広範囲のワークを、それぞれ倍率を変えた4台のカメラで一度に取り込みます。
例23カメラ3焦点位置光学系
3カメラ3焦点位置光学系
上面の一つのワークを、焦点位置を変えて取り込みます。同時に倍率を調整することも可能です。
例32カメラ上下2視野光学系
2カメラ上下2視野光学系
2つのカメラに上下2つのワークを同時に取り込むことができます。同軸照明が付属しています。
例42カメラ変倍光学系(A)
2カメラ変倍光学系(A)
同じ光軸上の焦点位置が違う2箇所のワークを、2つのカメラにそれぞれ違う倍率で取り込むことができます。
例52カメラ変倍光学系(B)
2カメラ変倍光学系(B)
同じ光軸上にある2つの焦点位置が違うワークを、それぞれ倍率を変化させて取り込むことができます。
例62カメラ変倍光学系(C)
2カメラ変倍光学系(C)
2つのカメラに、同じ光軸上にある焦点位置が違う2箇所のワークを取り込みます。同軸照明が付属しています。