お知らせ

当初は半導体製造装置の認識用として搭載するために開発されましたが、その無駄のない設計と実用性 から多種多様な業種において使用されています。
実体顕微鏡に替わるものとして、CCDカメラを取り付けてモニターに映し出して観察することも一般的に なってきました。
通常、レンズの光学倍率は0.5×〜5×くらいで、カメラとモニター倍率をかけて総合倍率22×〜220×で の使用が好まれています。
お客様のご要望により様々な倍率に対応が可能です。

写真 写真 写真 写真
メールからのお問い合わせ
Page Top