顕微鏡について|光学機器、精密機器の専門メーカーは協和光学工業株式会社。工業用顕微鏡、生物顕微鏡、実体顕微鏡など取り揃えています。

  • JP
  • EN

0120-28-5171 【営業時間】9:00-18:00【定休日】土・日・祝日

顕微鏡について About Microscope

  • HOME
  • >
  • 顕微鏡について

生物顕微鏡

標本(試料)をガラス板(プレパラート)に乗せ、透過させて観察する顕微鏡です。主に微生物、細菌、組織などの観察を目的として使用されます。
そのため、40×~1,000×と高倍率になります。
最近では、CCDカメラ等を用いてモニターに映し出すために、さらに倍率の高いものが主流となってきました。
100倍の対物レンズを付けた生物顕微鏡からCCDカメラを通して15インチモニターに映した場合、約4,760倍にもなります。
倍率を低く抑えた簡易的な40×~400×は小中学生用として、40×~600×は高校生用として教育目的で使用されています。

実体顕微鏡

主に工場、検査ラインで広く使われています。
一般的には総合倍率10×~40×で使用され、工程の確認や検査だけでなく、装置自体に組み込まれることも珍しくありません。試料をそのまま観察するための顕微鏡で、基盤等の精密部品工場で重宝されています。
倍率固定式、倍率切替式、ズーム式があり、照明は落射式、透過式があります。

教育用顕微鏡

教育現場での使用を目的とした生物顕微鏡を指します。ターレットは3孔で、4×、10×、40×の対物レンズに、10×の接眼レンズを使用した総合倍率40×~400×仕様のものが一般的です。
小中学校では照明に反射鏡を使用します。児童の観察姿勢や持ち運び、取り扱いを考慮して、小型で軽量な上、頑丈な設計になっています。

金属顕微鏡

主に光を通さない金属や半導体等の検体を観察するのに最適です。
落射照明で金属の表面やウェハー等の検査に使われており、50×~1,000×くらいの倍率が一般的です。光を通す検体を観察するのに適した透過照明タイプもあります。高倍率での解像力に優れた顕微鏡です。

偏光顕微鏡

試料に偏光を透過または反射させてその試料の光学的性質を調べる特殊な顕微鏡で、鉱石等の観察が主な用途ですが、工業、医療、生物に関連する分野などでも使用されています。
アナライザー、ポラライザー、Bertrandレンズといった特殊装置を抜き差しして観察を行い、倍率は40×~600×程度が一般的です。ステージは円盤状になっていて回転させながら観察できます。

製品についてのご質問やご意見等がありましたらお気軽にお問い合わせください。
デモ機の貸出しも1台から承ります。

0120-28-5171

お問い合わせフォーム